キャリアにおける「生活と人生」 ―作家・遠藤周作の言葉を手掛かりに―

アイキャッチ画像

目次

「目先に役にたつことを追いかけるのは文明であって文化ではない。東京には文明はあるが文化が乏しいのはそのためだ。

 これは何も都市の問題だけではない。我々の人生にとっても同じことがいえる。さしあたって役にもたたぬことの集積が人生をつくるが、すぐに役にたつことは生活しかつくらない。生活があって人生のない一生ほどわびしいものはない。」遠藤周作


「生活と人生は異なる」、これは作家・遠藤周作が小説やエッセイの中で書きつづけた彼特有の人生哲学といえます。実際、私たちのほとんどが「生活」のために仕事をしていますが、ふとした瞬間、とりわけ大きな失敗や挫折、喪失感といったネガティブな経験や感覚に見舞われた時に「人生」に直面することがあります。


「このままこの仕事を漫然とつづけていて良いのだろうか?」


という想念が頭をよぎり始めると、もう止まりません。体は生活のために目の前の仕事に向かっていても、心がついて来ないという経験をしたことがある人も少なくないでしょう。まさに心ここにあらず、仕事が手につかず、目線は遠くをボーッと眺めるばかり。


「自分は何のためにこの仕事をしているのか?」


まさに「人生の意味」を問う自分に向き合った時、人は過去・現在・未来をつらぬく自分の人生そのものに向き合うことになります。今までの生活を支えて来た人生の意味が失われた時、人は新たな人生の意味を見出すことで、新たな生活を生き直すことができるからです。

その意味では生活と人生は異なるけれども不可分のものともいえるでしょう。生活が成り立たなければ人生の意味を考えることもできず、人生の意味が失われていては生活を営むこともままならないでしょう。つまり人生の意味とは、私たちが生活する上での「内的な支え」ということができるのです。

しかし人生の意味は自分の中にだけあるものでもありません。生活をするために協力しあう同僚や仲間がいる一方、私たちには生活を超えて結びつき、支えとなってくれる家族や親友、恩師という存在がいるものです。あるいはそうした存在を得てこそ、私たちは人生を意味のあるものにしていくことができるでしょう。

 

「自分は何のためにこの仕事をしているのか?」

「このままこの仕事を漫然とつづけていて良いのだろうか?」


ふとこうした疑問が脳裏に浮かんだら、それはあなたにとってのキャリア上の転機といえるかもしれません。そんな時は、ぜひあなたにとっての「生活と人生」とは何かじっくりと内省してみてください。その仕事は生活のためにやっているのか、人生の意味に支えられてやっている仕事なのか、と。そして人生の意味が失われていると感じたならば、それはあなたが新たな人生のステージへと進む「兆候」でもあるのです。

すぐには答えは見つからないかもしれません。しかし何かが失われた時、それは何かを手に入れ始める瞬間でもあるのです。そんな時は過去・現在・未来を眺望する人生を俯瞰できる丘の上に立つと良いでしょう。足が遠のいていた故郷に帰省してみるのもよし、旧友や恩師と久しぶりに再会するもよし。かつて影響を受けた本や映画を読み返したり、観返すのもよいかもしれません。

その時、これまで意味のあった様々な出来事や記憶が、また別の意味を帯び始めるような経験をするかもしれません。それはあなたが新たな人生とキャリアに進み出す物語の予兆といえるかもしれません。困難や転機は時に人を苦しめますが、嵐が過ぎ去ればその人生における意味もまた見えて来るでしょう。だからこそ、希望をもって困難や転機を受け入れましょう。その先に必ず新たな意味を帯びた「生活と人生」が待っているに違いありません。


人は自分自身の考えや行動を客観的に捉えること(いわゆる「メタ認知」)は得意ではありません。人生とキャリアの転機の中にいる皆さん、また年や年度の変わり目に人生やキャリアを振り返りたい皆さん、伴走型コーチングのネクストキャリアコーチをぜひご活用ください。ともに過去・現在・未来をつらぬいてあなたのキャリアを支える人生の意味について内省する時を過ごしましょう。


1on1キャリアコーチング
(基本パック)

33,000 円

(税込) 3回/60分

  • 1on1セッション
  • キャリア上の課題の明確化
  • キャリア上の目標の明確化
  • 自己理解の促進
  • キャリア戦略の明確化
プロフィール画像
記事を書いた人
田口空一郎

合同会社healthcare in action代表社員 東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学(学術修士) シンクタンク研究員、医療法人理事長補佐、事業会社代表取締役などを経て、現職。 営利・非営利の組織マネジメントや官民のプロジェクトでの豊富な経験をもとに、コンサルティングからコーチングを通じた人材キャリア開発・組織開発まで行う。 大人から子どもまでを対象に人格形成の基盤となる哲学対話にも取り組む。 国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、プロフェッショナルビジネスコーチ。

お気軽にご相談ください

予約・お問い合わせ